VIO脱毛の痛みは脱毛方法で大きく変わる。

 

脱毛には種類があります。
家庭用ではそれこそ数え切れないほどの脱毛があります。
熱処理やカミソリ、毛抜き・・・なかには線香で陰毛を処理する方もいるそうです。

 

しかし、とても危険ですし、リスクも高いので脱毛するならサロンがいいでしょう。
VIO脱毛に限っては、病院はオススメできません。

 

病院は出力が高いのがウリですが、
VIOは他の部分に比べてデリケート。

 

病院はレーザー脱毛ですので、火傷や腫れなどを引き起こす可能性も。
もちろん美容目的なので保険はおりません。

 

しかも値段が高いです。
出力を弱めて脱毛するなら、
結局サロンとあまり変わらない脱毛になるのです^^;

 

 

では、サロンや病院ではどのようなVIO脱毛方法があるのでしょうか?

 

 

@ニードル脱毛・・・毛穴に直接針状の脱毛器具を差込脱毛する。
脱毛の力は凄いが毛穴に針をつきさすような
スタイルのため到底、VIO脱毛には向いていません。

 

 

Aレーザー脱毛・・・ニードルよりは痛みが少ないが、VIO脱毛には向いていません。
レーザー脱毛は照射範囲が狭く時間もかかりますので、

 

VIO脱毛を行った場合、長い時間痛みにもだえながら脱毛することになるでしょう。
ちなみに、病院では麻酔を使ったりするところもあるようです。

 

 

 

Bフラッシュ脱毛・・・VIO脱毛に向いている脱毛方法です。
痛みが少なく、無痛のところもあります。
さらに照射範囲が広く脱毛が短時間で済みます。

 

一番新しいタイプの脱毛方法です。
サロンでも導入が始まっており、大手脱毛サロンはたいていフラッシュ脱毛方法になっています。

 

・・・サロンのフラッシュ脱毛よりも家庭で脱毛するほうがよほど危険
(家庭で脱毛する場合は専用の機器を使うのが◎)で痛いでしょう。

 

 

フラッシュ脱毛は痛みが少ない(輪ゴムを軽くはじく程度)ので肌が弱い、痛いのが苦手という方でも安心です。
無料カウンセリングでテストが出来ますので、一度テストでどの程度の痛みなのか確認してみるのも良いでしょう。

 

痛みのない脱毛で有名なのは脱毛ラボ。
フラッシュ脱毛ではない、全く新しい脱毛で痛みなしの脱毛が可能です^^

 

>>脱毛ラボのレポートはこちらから♪

 

当サイトで紹介しているサロンでは、どんな悩みにも丁寧に答えてくれますので、安心して悩みを相談してください。