完全無毛地帯にすると恥ずかしい「かも」知れない。

 

VIO脱毛のデメリットは無毛にした場合、
恥ずかしい場合があるということです。

 

海外では当たり前ですし、
最近は日本でも脱毛があたりまえになってきていますが、
依然として処理していない方がいます。

 

ですので、処理している方がさらに増えて、一般的に脱毛するのが当然になるまで、
恥ずかしいと思うことがあるかもしれません。

 

元々VIOラインの脱毛は、ここまで脱毛サロンで浸透していませんでした。
しかし、今は大手脱毛サロンは、ほとんどVIO脱毛対応です。

 

つまり、それくらい一般的になってきているんですね。
そのうち、脱毛していないと嫌悪感を持たれるようになるでしょう。

 

また、脱毛サロンでは細かくVIOの形や注文に相談に載ってくれますので、
恥ずかしいようなVIOラインになる可能性は低いので安心です。